ナガツです。

今日は、2016年の映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」をレビューしていきたいと思います。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」出演者とあらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は2016年ケネス・ロナーガン監督によって製作された作品です。

主演のケイシー・アフレックはこの年のアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の出演者

  • リー・チャンドラー – ケイシー・アフレック
  • ランディ – ミシェル・ウィリアムズ
  • ジョー・チャンドラー – カイル・チャンドラー
  • パトリック・チャンドラー – ルーカス・ヘッジズ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」あらすじ【ネタバレなし】

主人公リー・チャンドラーは世捨て人のようにボストンの街角で便利屋として働いていた。

ある日、リーの元に連絡が来る。長年闘病生活を送っていた兄のジョーが亡くなったという知らせだった。

リーは、久々に故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに帰郷する。

そこはボストンからほんの1時間半ほどの小さな港町で、リーもジョーもここで生まれ育ったのだった。

両親はおらず、ジョーは離婚して今は16歳の息子と二人で暮らしていたため、葬儀などの手配は全てリーがやることになった。

リーはジョーの遺言を聞くために弁護士のもとへ。

ジョーは、リーを息子のパトリックの後見人として選んでいたのだった。

まったくその話を聞かされていなかったリーは衝撃を受ける。自分にはそんなことはできない、と。

それには理由があった。

実はリーには、思い出したくもないような重い過去を背負っていたのだった・・・

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の感想【ネタバレあり】

「重すぎて、現実的ではない。」

それが私がこの映画を始めてみた時の感想だった。

[st-cmemo myclass=”st-text-guide st-text-guide-attention” fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ bordercolor=”#ffcdd2″ borderwidth=”” iconsize=””]ネタバレを含む内容ですので、ご注意ください。[/st-cmemo]

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で描かれる、この上ない絶望

この映画は、自分のちょっとした不注意で、小さな3人の愛娘を家事で死なせてしまった男の物語である。

彼はその重荷から逃れることができずに、何年も経過した今でも絶望の闇の中で生きている。

その闇の中にいながら、彼は予想外にも16歳の甥っ子の面倒を見ることになってしまうのだ。

「自分には、無理だ」

リーはその気持ちをぬぐいされないまま苦悩する。

せめてこの思い出の詰まったマンチェスター・バイ・ザ・シーから出て、ボストンで暮らしたいと甥っ子のパトリックに告げる。

パトリックにはこの街にたくさんの友人やガールフレンドがいるので、ボストンで暮らしたくはない。

まだ16歳のパトリック。

しかも彼はパニック障害なども出てしまったため、一人暮らしさせることはできない。

リーの苦悩は我々の想像を絶するものだっただろう。

彼はパトリックにも心を開かず、自分の絶望からも目を背け続ける。

最終的に、リーの出した結論は、「やっぱり乗り越えられない」というものだった。

リーはパトリックを、友人に預けることを決意して、二人は別々に暮らすことになるのだ。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は救いのない話なのか?

このエンディングに対し、初めて見たときには全く理解ができなかった。

まず一つには、主人公のリーが持っている絶望があまりにも重すぎるという事。

この世の一体だれが、「うっかり3人の愛娘を死なせてしまった男」に共感できるのだろうか?

私は基本的に重苦しい映画は好きではあるが、さすがにリーの持つ圧倒的な「絶望」の前にひれ伏すしかなかった。

さらにこの映画は、最終的にはその絶望から逃れることができずに終わる。

この映画の最も重大なクライマックスは、リーとパトリックが話し合うシーンである。

それまで、あまりパトリックと話し合ったりしてこなかったリーが初めてパトリックに向き合い、「乗り越えられない」と告白する。

それが、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の最もドラマティックなクライマックスなのである。

実に地味だ。まったく意味が分からない。

始めてみたときには私もそう思った。

ところが、この映画の持っている重さや絶望、そして不可解さが、なぜか私の心に残った。

この映画は一体、何を言っているのだろうか。

もしかして私は、重要なことを見逃しているのではないだろうか。

そうして、私は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」をその週で大体5回くらい見返すことになる。

理由は分からないが、「なんだか気になった」のである。

何度も見ているうちに、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は私が思っていた作品とは全く違う事を言っているのではないかということに気づいた。

「絶望」している自分を知る事が、実は最も大切なのではないか

人は「絶望」したときに、それを乗り越えたい、と思うものだ。

私は絶望という絶望を感じたことはないかもしれないが、「もう駄目だな」くらいの気持ちにはなったことがある。

しかし、人は生きなければならない。何とか這い上がらなければならない。

「絶望」という言葉の対局には「希望」という言葉があり、それを人々が崇拝してやまない。

人は「絶望」を遠ざけ「希望」を信仰するクセがあるのだと思う。

もちろん、希望はいいものだ。希望があるから、人々は楽しく生きていけるという一面もある。

ただし、かといって絶望をすべて排除することはできない。希望が無くならないように絶望もなくならないからだ。

なのに、人は希望ばかりを尊んで、絶望を「悪しきもの」にしてしまう。これが大きな問題なのだと思う。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は絶望の果てに希望を見出す映画ではない。

「自分は絶望しているのだ」という事を発見する映画なのだ。

絶望を乗り越えられないことに気づいたリー

リーはそれまで、自分が背負っている重荷を直視することができずに、思考停止して覇気なく暮らしてきた。

妻とは別れ、友人関係も絶って、半地下のような場所でただ時間が過ぎるのを待ってきた。

しかし、図らずも甥っ子の後見人に指名されたことで、リーは過去との対峙を迫られることになる。

それでも彼は、過去から目を背けようともがく。甥っ子を思い通りにしようとして、彼の意見も聞かない。

別れた妻とも再会し、彼は何とか前向きに生きなければならないと思っただろう。

でも、それは「できなかった」。

「僕は、この絶望を乗り越えることができなかったな」

と彼は最終的に結論付ける。

絶望を乗り越えられないから、この街にはいられない。

ということは、ここで暮らしたい甥っ子の将来の事を考えてやらなくちゃならない。

そこでリーは、自分と別々に暮らすための手はずを整えて、「自分はこの乗り越えられないから、こういう風に手はずを整えたよ」とチャンドラーに告白するのだ。

絶望を乗り越えよとは、誰が言ったのだろう?

世の中には「絶望を乗り越えろハラスメント」が蔓延しているが、本当に乗り越える必要があるのか?

乗り越えられない自分も、本当の自分ではないのか?

それは違う、と「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は教えてくれているような気がする。

乗り越えられないような絶望がある人は、そのままでもいいのだ。

無理に絶望を希望に変える必要はない。絶望は希望にはならない。

絶望したままで生きていく、それでもいいのだ。それで十分なのである。

私は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が描いているのは、あまり使いたくない言葉だが「本当の希望」なのではないかと思う。

絶望している人間は、決して自分が絶望しているとは思えない。自暴自棄だからだ。

または、脳が客観性を排除しているから。もしくは、「絶望しているのが悪い状態」だと刷り込まれているからだろう。

しかし、人は「ああ、自分は絶望しているんだな」と認識することが最も重要なのではないか。

「絶望しているな。」「ああ、俺はこの苦悩から逃れることはできないことが分かった」

これを人は感じたときに、しかしそのままの自分を受け入れることが、どれだけ大変なことなのだろう。

世間がそうはさせないからだ。「希望ハラスメント」が横行しているからだ。

しかし実際は、リーのように「絶望している自分を受け入れる」という手段がある。

「絶望していも、一人の人としてそのまま生きていてもいい。」

私は、今現在絶望している人にこの映画を見せたいと心底思った。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の絶望が大きすぎる件

とはいえ、私が初めに感じたように、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で描かれる絶望はあまりにも非現実的に重すぎる。

この世で彼ほど重い気持ちを持っているのは、私が知る限り「ソフィーの選択」のソフィーくらいではないだろうか。

描かれる絶望があまりにも大きいと、もしかしたら人は「自分の絶望なんてちっぽけなものだ」と思ってしまうかもしれない。

その点に関しては、私も否定はできない。実際に私もそう感じた部分もある。

人と比べて「自分は大したことがない」と思わされてしまうのは、絶望(それが大きくても小さくても)している人にとっては良くない事なのだ。

「この人に比べて自分の絶望なんて大したことないのに、こんなに苦しい。自分はダメだな」と思ってしまう事があるからだ。

だからこの映画を見る場合には、ここではリーが何をしたか、という事をあまり考えない方がいいと思う。

リーの事は「一人の絶望している人物」として認識することをおすすめする。

映画の場合は、どうしても内容を分かりやすくするためにドラマティックな過去が必要だったりするのだ。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のキャストについて

ここからは、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のキャストについて語っていこうと思う。

リー・チャンドラー役ケイシー・アフレック

画像6
映画.comより

ケイシー・アフレックはこの映画でアカデミー賞の主演男優賞を受賞した。

この兄弟はつくづくアカデミー賞に好かれていると思う。

私自身はこの兄弟が明らかに過大評価されていると思っていて、これだけこの映画を絶賛しているにも関わらずこの映画のケイシーがアカデミー賞にふさわしかったかどうかは謎である。

もちろん、まったく悪い演技でないばかりか、とてもいい演技だった。

ただし、特にアカデミー賞を受賞できるほどの特別な演技だったかと言われればよくわからない。

パトリック役ルーカス・ヘッジズ

画像7
映画.comより

正直に言って、この映画のルーカス・ヘッジズは最高すぎる。

実は私は(公開年は前後するが)「スリー・ビルボード」を見たときからルーカスに注目していた。

しかし「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のルーカス・ヘッジズはめちゃくちゃ最高すぎて、私の中では完璧に優勝っていうレベルだった。

可愛すぎる。演技もキャラも顔も全部好き。

もうこれは今後のルーカスには期待しか持てないくらい、めちゃくちゃ好きな役者になった。

ということで彼の出演作はかなり見進めている。どれも素晴らしい演技を見せてくれている。

ランディ役ミシェル・ウィリアムズ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズは、登場シーンは少ないにも関わらず素晴らしい印象を残していた。

演技うますぎ。マジでびっくり。

この映画でもアカデミー賞にノミネートされていたが、今後も期待できる女優だと思った。

まとめ

created by Rinker
¥299 (2020/09/23 12:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、今回は映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」をレビューしてきました。

暗い映画が好きじゃない人にはあまり響かないかもしれないけど、重い悩みを抱えている人にはぜひ見てもらいたい映画だなと思います。

私がこの映画を見たのはNetflixだったんですけど、今確認したら配信は終了しているみたいでした。めちゃくちゃ残念。

いつでも見れるようにAmazonで買おうかなと思います。

それくらい、何度でも見たい映画になりました。